読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽と衝動

 

いや、初めて書く記事がこれってどうなの。

でも思いついちゃったから書いてみようと思います。

 

何気なく口ずさんだ鼻唄の歌詞が

よく考えるとバイオレンスだったので、、、

 

じゃじゃん!超個人的!

衝動と暴力が歌詞になってる曲4選~!

 

 

その一:銀杏BOYZ「あいどんわなだい」

youtu.be

 

ちなみに先ほど述べた鼻唄とはこの曲でした。

 

純情可憐な君を きもちよくしたい

純情可憐な君をぐちゃぐちゃにしたい

 

出だしからもう峯田感。

 

きもちいいこととぐちゃぐちゃなことはイコールなんですよ。

すきなことと一つになることは

すきの最上級の表現なんですよ。

 

押したら引くとかそんなテクニックも知らずに

ただ自分の気持ちに正直なこの歌詞がとても良い。

 

あー男に生まれて童貞の自分にもやもやしたい人生だった。

 

 

 

その二:aiko「えりあし」

youtu.be

 

これも出だしの2行目でどきっとさせられる。

 

ぶったりしてごめんね

愛しくて仕方なかった

 

わたしがこの曲を初めて聴いたときまだ中学生だったのですが、

ここで言う「ぶつ」っていう行為は、

本当に叩くっていうことだけじゃなくて

言葉で責めたり

散々暴れてみたり

わんわん泣いてみたり

間接的な攻撃のことなのかな、と

幼いながらにわたしは考えていました。大人やな自分。

 

まぁ実際にぶっていたとしても

女性だから許される歌詞な気はします。

どっちの捉え方をしても許されるこの感じ、すごくaikoらしい。

 

aikoの歌詞ってたまにとてつもなく重たくて

絶対付き合ったら大変な女だろうなーみたいな子が描かれていたりするのですが

そういう部分って誰しも多かれ少なかれ持ってると思うんです。

その重たい部分の最上級がこの出だしの2行には詰まっている気がします。

 

 

 

その三:椎名林檎「丸の内サディスティック」

youtu.be

※すみません。東京事変verしかなかったのでこちらで。

 

そしたらベンジー、わたしをグレッチで殴って

 

ギターをたたきこわすパフォーマンスは

ロックバンドの定番とも言えますが

その行為を自分に向けてほしいという発想が

林檎嬢らしいと思いませんか?(誰)

 

 

 

 

その四:yonige「アボカド」

youtu.be

 

このボーカルさん本当にアボカド投げつけたことあると思う。(偏見)

皮ついたままだと固いけど

中身は手でにぎったらすぐつぶれちゃうほど弱くて

しかもつぶれちゃったらこびりついてぐちゃぐちゃ。

アボカドで女心の比喩が歌いたかったのかなー。

 

 

 

 

このブログを書くにあたり

大森靖子とか聴きなおしてみたのですが

彼女の曲って他人に対する攻撃表現が一切なくないですか?

(見つけられなかっただけだったらすみません)

大森靖子すげぇ、、、って1人で思ったのでした。

 

以上!